増税のタイミングでなぜキャッシュレス決済なのか

キャッシュレス決済

ブログをみて頂きありがとうございます。

今回はなぜ今こんなにもキャッシュレス決済が話題なのかを記事にしました。

少しでもお役にたてれば幸いです。

2019年10月に消費税が10%になりますね。

増税で消費が冷えこまないように政府が打ち出したのが

キャッシュレス決済のポイント還元です

中小の小売店や飲食店などでキャッシュレス決済をすると、消費税アップの2%分を超える5%分のポイントを還元し、消費を支えようというもの。

10月前後から決済方法が劇的にかわっていくかもしれませんね。

1、ポイント還元は期間限定

消費税アップに伴うキャッシュレス決済のポイント還元は、

増税後2019年10月~2020年6月までの9ヶ月間の期間限定です。注意してくださいね。

2、【政府】中小店舗、飲食店にキャッシュレス決済を促進させるために

決済事業者に対して、加盟店手数料を決済額の3.25%以下にすることを求める。かつ、政府が、手数料の3分の1を補助することにしています。残りは決済事業者が負担。

コンビニ、ガソリンスタンドなどの大手企業のフランチャイズ店はポイントの還元率を一律2%

一方、高齢者や低所得者などでクレジットカードを持たない人の不満にも配慮して、政府はプレミアム付きの商品券も発行します。生活保護を受給していない低所得者と2歳以下の子どもがいる世帯が購入できます。

金額は2万円まで購入でき、その場合2万5000円分の商品券になります。利用できるのは2020年3月までの半年間。

3、まとめ

決済方法がいろいろありますよね。

それぞれメリットデメリットありますよね。

少なくとも2019年10月の増税にともなってキャッシュレス決済に限らず決済方法、消費の仕方も大きくかわるかもしれませんね。

メリットデメリットを知って上手く使い分けられるといいですね。

少しでも参考になればと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました